So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

あんこ 、 ちぎってます・・・ [働く為に ・ ・ ・]

今日9/2(火)、仕事場に、
この春、特別支援学校/旧養護学校の高等部を卒業し
    和菓子屋さんに就職した<拓也君>が訪ねてくれた。

この拓也君との出会いは、彼が、まだ2歳半の頃
 障害を持つ乳幼児の相談と訓練の仕事をしていた妻の所に
お母さんと一緒に相談に来てくれた時からで
 その時、彼が自閉症であることが解り
  それ以後、彼とご両親、我が妻との格闘の日々が始まった。

途中、彼が6歳の時にお父さんの転勤で引っ越しをしたものの

3年前に偶然に出会い、お互いに近くに住んでいることから
またまた付き合いが始まり、
お母さんは、工房のギターバンドのピアノのボランティアとして
    彼は、工房で開いている創作教室へ通ってくることになった。

数年ぶりにあった時の彼は、
 ご両親の努力と関わりの成果が実り、
   落ち着いて物事に取り組む集中力も身に付き、
     人とのコミュニケーションもとれるようになっていた。

約3年程の創作教室の色々な取り組みの中で、
  彼は、粘土による物作りに関心を示すようになり
    日々、腕を上げ、作る作品も目を見張るようになってきた・・・

   この頃の彼は、
     他の自閉症の子達と違って
      いつもアニメに出てくるような怪獣?ばかり作っていた。

他の子の作品の一部
95-1 作品01.JPG

拓也君の作品
95-2 絵 拓司.JPG


ご両親の願いもあり、
同じフロアーにある若い陶芸家にお願いし、陶芸の実習もした。

95-3 職場体験.JPG
熱心に実習をしている拓也君

そんなこんなもあり、高等部を卒業する少し前に、
彼と彼のご両親の希望もあり、
  陶芸のような手先の器用さを活かす仕事はないかと探す中
 折良く?、老舗の和菓子屋さんから求人の話があり
   色々と仲介をする中、家から通えることもあり
           めでたく? 就職することがきまった ・ ・ ・

その後も、お母さんから、
 彼が元気に毎日休まず仕事に行っていることは聞いていたが
  忙しさにかまけ、
      様子を見に行っていなかった中での彼からの訪問だった。

久しぶりに会う彼は、
 とても明るくて生き活きとしているように見えたばかりか
  頭にはバンダナを巻き、どことなく着るものもあか抜けしていた。

「毎日、仕事は楽しい?」
「はい! 楽しいばっかではないですが、楽しいです。
          僕がしっかりしないと 親方が厳しいです!」
「どんな仕事しとるの?」
「少し前の、、、2ケ月前から、あんこちぎってます!」

この一言で、

 とにかく教室当時も、
  几帳面で、彼がちぎる粘土はいつも同じ分量・大きさになり
  それが、規則正しい正確さを持って仕上がっていくのに
  いつも感心させられていただけに 
 
何となく私には、
 和菓子屋さんの中で、そんな彼の特性が理解され
    うまく働くことが出来ている気がし、ホッとしました・・・

彼が帰った後で、
 彼がお土産に持ってきてくれたお店の和菓子を

 いつの日にか、
    彼が作ったお饅頭が食べられることを期待しつつ
 
みんなでよばれた・・・・・

とても美味しい気がしてならなかった!!





nice!(66)  コメント(33)  トラックバック(0) 

nice! 66

コメント 33

SUMAKO

拓也君が、プライドとやる気を持って働き続けることができ、またその仕事に見合う報酬が支払われる職場を提供できる社会が、この日本にあることを心から願っています。

私の今の職場、神奈川県立保健福祉大学にも、拓也君のような皆さんが一生懸命作った、クッキーや焼き菓子のコーナーがあり、よく利用しています。
もっともっと、一般市民の理解も必要ですね。

拓也君の作る和菓子、私も待っています。
by SUMAKO (2008-09-02 22:07) 

Ryukoまま

いつもいつも、心温まるお話。
ありがとうございます。
なんだか、読んでいて、じわ~っときますね。

拓也君はもちろんのこと、お育てになったご両親も
素晴らしい。
そして、途中で転勤などがあり、
離れたにせよ、小さい頃からかかわっていらした
miopapaさんご夫妻の、暖かい愛情があればこその
自立なんでしょう。

よかったですね~。
いいところに就職ができて。

彼の作った和菓子。
Ryukoままもぜひ食べてみたいな~。
きっと、美味しいでしょうねヾ(=^▽^=)ノ

miopapaさんも、楽しみだね~♪
by Ryukoまま (2008-09-02 22:12) 

nomame

不思議なご縁が、素敵な結果に実を結びましたね。
また和菓子屋さんというのが
夢のある職場ですね。
by nomame (2008-09-02 22:47) 

koto

よい話ですねぇ。
by koto (2008-09-02 22:50) 

kohtyan

ご訪問ありがとうございます。初めてブログを拝見しました。感動の記事ですね。これからもお邪魔させていただきます。
by kohtyan (2008-09-02 22:55) 

へろーめ

うんうん
絶対にウマイですよ

by へろーめ (2008-09-02 23:05) 

norihiro

老舗の和菓子屋さんのちゃんと
拓也くんの得意を分かってあげてる
ところからも、ステキなお店で
ステキな親方なんだろうなぁ~と・・・
拓也君お手製のお菓子楽しみですね
by norihiro (2008-09-02 23:08) 

ささ

ステキなお話ですねv
彼の細かい作業の作品を拝見すると、
そのうち工芸菓子の分野とかでも、
活躍されそうで楽しみですねv
by ささ (2008-09-02 23:30) 

やよい

とてもすてきなお話で、心があたたかくなりました。
和菓子、美味しかった事でしょうね、
その内 拓也君の作ったお菓子に会えますね。
by やよい (2008-09-03 00:48) 

れん

確かに「あんこ、ちぎってます」デスネェ~♪
読んでてニャっとしました~(^^)v
再就職、和菓子屋さんも良いですネ
by れん (2008-09-03 01:48) 

yukitan

拓也君が作った美味しい和菓子が食べれる日が楽しみですね。
by yukitan (2008-09-03 02:49) 

向日葵

拓也君、頑張れ!

拓也君のおまんじゅうの食べられる日も、きっと
「近い」ことでしょう!

ホントに楽しみですね!
by 向日葵 (2008-09-03 03:18) 

斗夢

人生には、よい"縁"が必要ですね。
by 斗夢 (2008-09-03 06:08) 

ララアント

ずうっと最後まで目を通し終わったところで 何だか
ほわぁっとした気持ちのいい気分になっています。

私も及ばずながら 地域(三軒茶屋)にある 知的障害者の
放課後を何とかしようと立ち上げた「わんぱくクラブ」に
関わっています。
関わった当初は子どもでしたが それなりに行政の補助を貰いながら アップアップで20年近く 続いています。
成人には 行政の手が伸びず ・・・スタッフの給料も上がらず
結婚も出来ないでいます。
義母が入所している施設でも 同じ状況です。

拓也くんのように仕事を得る事が いかに大変か・・・ご両親と
拓也君の頑張りの賜物ですね!

見守ってあげているmiopapaさん・・・えらいなぁ~!
by ララアント (2008-09-03 10:33) 

スー

こころが明るくなる、
とってもいいお話でした。
by スー (2008-09-03 13:53) 

yakko

素敵なお話ですね〜
拓也君が作った美味しい和菓子を食べられる日が
早く来るといいですね(^。^)
by yakko (2008-09-03 13:56) 

mimimomo

こんにちは^^
今は養護学校って言わないこと知りませんでした。
特別支援学校を卒業して、立派に一人前になって
和菓子やさんで働けるって素晴らしいですね~
それも自分の得意分野で。
ご本人の努力、ご両親をはじめ周りの方の支援。
miopapaさんも、こう言う結果を見られるのは幸せですね~
これからも、色々お仕事が上手く行きますように~
お手伝いは出来ませんが、応援しています^^
by mimimomo (2008-09-03 14:51) 

SilverMac

良いお話ですね。このような障害を持った子供さんは、特別の才能を持っていることがあると聞きますが、本当ですね。
by SilverMac (2008-09-03 15:06) 

narushi

素敵っす。
by narushi (2008-09-03 17:29) 

笑いの使者

きっと,おいしいお饅頭食べられますよ。
楽しみですね。
by 笑いの使者 (2008-09-03 18:36) 

響希

すてきなお話ですね。近頃、後ろばかり見て、立ち止まってしまう僕としては、前に向かって進む拓也さんの事が眩しいですね。僕もいきなり前向きに・・・とは言えませんが、今の自分くらいは素直に受け入れられるようになりたいものです。

和菓子屋さんも、拓也さんの良さを見抜く目を持ってみえたってことで、さすが職人さんですね。
by 響希 (2008-09-03 21:06) 

oko

拓也君の作品、素晴らしいと思います。
アニメに出て来そうですが、繊細でなおかつ
動きのある作品に見入りました。
拓也君の和菓子・・・ホントに美味しかった
でしょうね♪
by oko (2008-09-04 08:44) 

かもみーる

拓也くんが小さい頃から現在までずっとみていたmiopapaさんだからこそ、なおさら美味しく感じられたことでしょう!
これからの彼のおまんじゅうが楽しみですね。
by かもみーる (2008-09-04 09:12) 

rira

拓也さんの作品を拝見させていただくと
その方面(たとえば フィギュアとか)の
才能もありそうですね。
正確にちぎれるのも素晴らしい能力!

どんな子どもにも可能性があり才能もある。
認められ 能力を活かせるとは 幸せですね!
(もち 見守っているご両親や
miopapaさんたちのご尽力は素晴らしいデス!!)
by rira (2008-09-04 12:07) 

さなえ

このお話を読んで、人生にもっと感謝、という気もちになりました。
by さなえ (2008-09-04 12:17) 

風子

いいお話ですね。^^
ステキなアートですね。^^
by 風子 (2008-09-04 17:28) 

poyoyon

はじめまして。こんにちは!
先日は私の拙いブログにお越しくださり
ナイスをいただきましてありがとうございました。
by poyoyon (2008-09-04 17:42) 

ひささん

ご訪問&niceをありがとうございました。
とても良いお話ですね。
いろんな出会いを大切にしたいですね!

by ひささん (2008-09-04 23:11) 

rino

あんこをちぎる作業・・
拓也君の特性が生かせる職業につけて本当に
よかったですね.
将来の和菓子職人に期待したいですね!
by rino (2008-09-05 08:17) 

nikkin

miopapaさんの人間愛がにじみ出て居ますね。
by nikkin (2008-09-05 08:21) 

白めだか

素敵な作品ですね。
他の作品や絵が見てみたいです。
また、お邪魔させていただきます。
by 白めだか (2008-09-05 09:15) 

みゆきママ

いつの日か拓也君の作った和菓子が食べられるといいですね。。。
by みゆきママ (2008-09-05 18:44) 

りか

ご訪問&niceありがとうございました!
拓也くん、素敵な職場を見つけられたのですね。
作品も細かく丁寧で、手先が器用で集中力の高い人なんだろう
なあと思います(もちろんそこに努力もあってこそ、なのですが)。

個々の特性に合った仕事を・・・と日々思っていますが
忙しいとついつい仕事の振り方もぞんざいになりがち。
拓也くんの才能を見抜いた職人さんもすばらしいなと思います。
素敵な和菓子職人さん誕生が待ち遠しいですね♪

by りか (2008-09-14 02:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。