So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

夜中に、突然 ・ ・ ・ [今日のおやじさん]

「草木も眠る丑三つ時」ならぬ
 夕べ、それも夜中の2時少しすぎた頃に
突然、我が家の洗濯機が動き出し、その音に目が覚めた・・・

半呆け状態で、
 また、家の奥さんが眠れないままに起きたのかと思っていると
「何しようるぜ、
   時間しっとるけ!?
        夜中やよ、夜中!」 

  決まってこういう時の妻の口調は方言丸出しになる・・・

「わかっとるーーー、
     洗濯しようるじゃ・・・」
「何、今頃洗ようるんよ!?」
 ・ ・ ・ ・ ・
         暫くの間の後に
「便所に行くのが間合わなんだぁーーー」

オムツ、紙オムツするけぇー!?」
「いらん! 俺は、そんなもんええじゃ!」
  
親子とはいえ、
 妻の容赦ない言葉にヒヤヒヤするものを感じつつ、
 また、父には悪いが、いよいよ来る時がきつつあるのか・・・
  そうなった時には、どうしたら良いんだろうか・・・
なんて考えている内に、つい寝入ってしまった。

今朝起きると、
 ちゃんと物干しに、父のパンツが一枚干してあった。
「何やったんよ、夕べの言い方、お父さん傷つくぞ!」
「大丈夫! 大丈夫!
  夢見とったんやって、戦争の。
 そうしたら、トイレに行ったが脱ぐのが間合わずチビったんやと。
  笑っちゃうけど、私がやるのを見とるのか
    パンツ一枚をちゃんとネットに入れて洗っとるんやもん・・・」

それよりも私には、
 自分の不始末で娘に迷惑をかけまいとする父の気遣いと
  何より、目が見え難いのに、
   間違えずに水を汲み、粉を入れ、洗濯機をまわしたことに
    ただただ、感心し頭の下がる思いがした。

それと同時に、
 
父は、衛生兵として満州から南方に出兵していたようですが

出征当時の父.jpg

 終戦間際に、父のいた野戦病院アメリカの攻撃があり
  爆弾の破片を右肩に受け、今でも右手が少し不自由ですが
だからそこ戦争に対する辛く苦しい思い出も多いはずで
  そんな夢を見ていれば、尚更目も覚めにくいのでは・・・・・

 戦争の夢を見ている時の父は、今でも決まって魘されている。

こうして、曲がりなりにも平穏に暮らせる今になっても、
 それも年をとってまでも父の頭の中によみがえる戦争、
  それ故に、こんな時にまで余計な気を遣わせることに・・・

なんて、さも理解者のようなことを考えつつ 

それでも、
 私たちに戦争当時の話をしてくれる時は、
  いつも嬉しそうに笑顔で、楽しかったことばかりで

そんな中の一つに、

ついていた軍医に可愛がられ、終戦で戻ってくる時に、
 当時としては貴重だったライカのカメラをもらい、
   在所中に頼まれて写真を撮って回った時の自慢話しや

  それを物語るかの様に、山奥なのにかなり昔からの写真がある・・・

負傷して入院中に、とてもよくしてくれた看護婦さんの話

 妻と結婚した直後のこと、
  父が、今は亡き母に、
  一度、その看護婦さんに会いに行っても良いかと聞いていた・・・

看護婦さんと父.jpg


などが浮かんできた ・ ・ ・


※ 今回の写真は、さすがに父には内緒で
     でも、父のことを少しでも伝えるためには、、、
        と勝手な理解の元に、心の中で借りました・・・
nice!(55)  コメント(26)  トラックバック(0) 

nice! 55

コメント 26

mimimomo

こんにちは^^
ほんとうに立派なお父さん! 戦争は間違いだし、いけないことですが、100パーセント悪いことばかりでなく、昔戦争に行かれた方は自立心が旺盛ですよね~ 気概のある方が多いです。
昔のお写真は、みんなこんな感じで^^ 実家にあった父や家族の写真を思い出します。
by mimimomo (2008-08-29 13:27) 

SilverMac

亡くなった叔父も上官の命令でした行為の夢を見るといっていました。命令とはいえ、心に大きな罪の意識が残ったのでしょうね。
by SilverMac (2008-08-29 13:44) 

k-sakamama

うちの父も衛生兵として南方に行っていたそうです。
戦争の話は聞いてもあまりしてくれませんでしたが、
現地の人に歌を教えてもらったといってよく歌ってましたよ。
父の思いを考えると胸が痛くなります。
その父も亡くなって18年になります。

by k-sakamama (2008-08-29 14:36) 

yakko

ほろりとしました・・・
by yakko (2008-08-29 14:50) 

みゆきママ

戦争が終わって60年ぐらい経ちましたが、今でもその時の夢を見られるのですね。。。
どんな思いだったんでしょう・・・


by みゆきママ (2008-08-29 15:19) 

Ryukoまま

素晴らしい父娘ですね。
読んでいて、胸がジーンとしてきました。

戦争を知らないで育ったものにとっては
理解しきれない、いろんな思いがあるんだろうな・・・。

>それでも、
>私たちに戦争当時の話をしてくれる時は、
>いつも嬉しそうに笑顔で、楽しかったことばかりで

なんて、前向きなお父様なんだろう。
いつまでもお元気でいてほしいですね。
なにしろ、人生の生き字引きだもんねヾ(=^▽^=)ノ
by Ryukoまま (2008-08-29 17:07) 

ルビー

戦争って本当に罪深い。いつまでもいつまでも人の心に影をさす。でも人間はどんな場面にでも、わずかな楽しみや喜びをみつけだしてがんばって生き続ける・・・お父様、すばらしいですね。
by ルビー (2008-08-29 17:12) 

春分

うちの父も唸りながら寝てます。戦時中の夢?
by 春分 (2008-08-29 18:23) 

norihiro

お父さん、やっぱりしっかりしてますよぉ~!!
なかなか夜な夜な洗剤を入れて、ネットに入れて
まわすことなんてできませんよっっ

by norihiro (2008-08-29 18:34) 

りょお

可愛らしい、って言ったら失礼でしょうか。
でも、ご自分できちんとお洗濯をしようという意思があるってことが、すばらしいです。
奥様との、気兼ねのない会話もいいですね。
こういう親子になりたいと思います。
戦争に関しては、経験のない者にとっては想像するしかない世界ですが、その悲惨さや、無常さはひしひしと伝わってきます。
そんな中、楽しかったことを語ってくださるなんて、本当にすてきなお父様ですね。
どんな状況でも笑顔を忘れずに、と教えられている気がします。
by りょお (2008-08-29 18:47) 

らさみさ

下着をネットに入れるって凄くないですかぁ!!
私、感動いたしましたぁ。
絶対に、うちのおじいちゃま達は出来ないと思うゥ。

おじいちゃまはカナヅチの海軍さんだったそうです、
何でだろ・・・カナヅチなのに・・・
by らさみさ (2008-08-29 19:41) 

SUMAKO

お父さま、カッコいい。
うっかり粗相しちゃったパンツ、許せなかったんでしょうね。
奥さまのかける言葉も、リアルで、親子だから許せるものですね。

風に揺れるパンツ、想像して微笑んでしまいました。

戦争、苦しく悲しかったことは過去においてこようをお父さまは決心されたのでは。
あまりにも辛すぎたのではないのでしょうか。

by SUMAKO (2008-08-29 21:27) 

Merche

ひとコマひとコマ温かいこころの通った情景が浮かびます。
お写真も貴重なものですね。
ありがとうございました。
by Merche (2008-08-29 21:56) 

yukitan

私も戦争の話たくさん聞いて育ちました。
父親の思い出はあまりありませんが・・・
昔の写真、こんなでしたね。
by yukitan (2008-08-29 23:43) 

ララアント

miopapaさんの奥様の お父様への対応 見習いたいです
私は父親を早くに亡くしていますので miopapaさんの
義理のお父様のような方は 自分の父親に置き換えてしまいます
by ララアント (2008-08-30 00:13) 

akiko

お義父さまのファンになりそう・・・☆彡
by akiko (2008-08-30 01:12) 

向日葵

筋が1本、しっかりと通っていらっしゃるのですね。
素敵なお義父様ですね。

日本中が戦争を反省する(?)8月も、もう終わります。
「戦争」が好きな人など居ないのでしょうに、
「なくならない」のは「人間の業」でしょうか?
by 向日葵 (2008-08-30 03:48) 

斗夢

きっと苦しいこといやなことに代えて楽しいことばかり話すのでしょう。
目頭が熱くなりました。
大変な人生を歩いてきた年配者を大事にしたいと思います。
by 斗夢 (2008-08-30 07:48) 

oko

最初の洗濯機のところで怪奇現象かと
思っちゃいました。そうしたら深い深い
お話・・・戦争の時代は知らないけど、
語り尽くせない事が沢山あるんですね。
本当に今は平和です・・・・・
by oko (2008-08-30 08:27) 

nomame

戦争というものを、
なんらかの形で口にすることも必要なんですね。
とても大事なことを伺いました。
by nomame (2008-08-30 11:56) 

タケノコ

戦争では辛い思いもなされ、たくましくいられたお義父様にも老いが来ているのでしょうかね。
奥様もmiopapaさんの介助と実の父親の面倒も見ていらっしゃるようですね。同居の義父の面倒を見るとなると・・・・正直な所、妻だけで精一杯です。
by タケノコ (2008-08-30 23:23) 

れん

ハイ、、ナニを隠そう、、我が家も実はそうなのですヨ
紙おむつをしてはいるものの、脱ぎ捨ててしまう
そんな状態続いてます

実は私の疲れ、薪割りだけじゃないのですヨ
何れそうなると自分に言い聞かせてはいますが、、、

by れん (2008-08-30 23:38) 

やよい

戦後63年経ったのに・・・・なんとも言いようのない事ですね。
すてきなご家族に囲まれて、お義父さまがいつまでも
お元気で過ごされますように。
by やよい (2008-08-31 00:35) 

nikkin

まるで「泣かしmiopapa」ですね。
by nikkin (2008-08-31 18:43) 

Qoo

語る継ぐって大切なことですね
若いうちは判らなくても、年と共に響いてきますね
僕は戦争を知らない子供達ですが・・・

by Qoo (2008-09-01 19:38) 

kuwachan

私の父も戦争に行っていますが、当時の話はあまりしません。
お父様同じように夢を見ているのかもしれません。

by kuwachan (2008-09-02 12:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。